【簡易宿所】「内法」とは?旅館業法の客室面積測定法「内のり」の考え方を解説

LINEで送る
[`evernote` not found]

客室面積についての許可基準

旅館業法に基づく許可を取得するためには、法令に定められた基準を満たす必要があります。各客室の定員を計画する上で考慮しなければならない旅館業法に関する基準項目のうち、客室の面積について解説します。

特区民泊の面積については以下のページをご確認ください。
【特区民泊】「壁芯」とは?旅館業と異なる客室床面積の測り方に注意!

客室面積の考え方

客室の面積に関する基準には、構造部分の合計床面積についての基準と、客室の有効面積についての基準があります。

構造部分の合計床面積とは、寝室、浴室、便所、洗面所その他の宿泊者が通常立ち入る部分の床面積を合計した面積を指します。

客室の有効面積については、寝室その他の宿泊者の睡眠、休憩等の用に供する部分の床面積の合計を指します。

合計床面積:寝室、浴室、便所、洗面所その他の宿泊者が通常立ち入る部分の床面積の合計

有効面積:寝室その他の宿泊者の睡眠、休憩等の用に供する部分の床面積の合計

内のり(内法)とは?

内法とは、柱や建具など厚みのあるものの内側を測る寸法です。対面する2つの部材の内側から内側までの距離を指します。旅館業法上の面積を算出する場合には、壁の内側と内側を測る内法計算で考えます。

構造部分の合計床面積

zumen1

中野区資料より

合計床面積とは、寝室、浴室、便所、洗面所その他の宿泊者が通常立ち入る部分の床面積を合計した面積を指します。したがって、床の間など宿泊者が通常は立ち入らない部分は算定から除外します。

旅館業法における面積の算定に当たっては、建築で使用する壁芯のものとは異なり、内のりで算定します。建築図面の床面積とは算出方法が異なるので注意が必要です。構造部分の床面積は、建築図面の床面積よりも少なくなってしまいます。

右図の例では、塗りつぶしの部分(A+B)が構造部分の床面積の算定範囲になり、通常は立入らないクローゼット等の収納部分は合計床面積の算定からは除外されます。

 

 

客室の有効面積

中野区資料より

中野区資料より

客室の有効部分の面積は、寝室その他の宿泊者の睡眠、休憩等の用に供する部分の床面積を合計して算定します。
したがって、面積の算定に当たっては建築で使用する壁芯のものとは異なり、内のりで算定します。建築図面の床面積とは算出方法が異なるので注意が必要です。構造部分の床面積は、建築図面の床面積よりも少なくなってしまいます。

また、寝室その他の宿泊者の睡眠、休憩等の用に供する部分の合計ですので、有効面積を算定する際には浴室の面積は含みません。

右図の例では、寝室その他の宿泊者の睡眠、休憩等の用に供する部分は、斜線の範囲になります。通常は人が立入らないクローゼット等の壁に造り付けの家具部分も除きます。

また、浴室についても寝室その他の宿泊者の睡眠、休憩等の用に供する部分に含みません。

有効面積によって客室の採光や換気用の窓の面積(有効面積の10分の1以上)も規定されますのでこちらも注意しましょう。

 

特定行政書士 戸川大冊
small早稲田大学政治経済学部卒/立教大学大学院法務研究科修了(法務博士)
民泊許可手続の第一人者。日本全国の民泊セミナーで登壇し累計850人以上が受講。TVタックルで民泊について解説。政治法務の専門家行政書士として日本全国の政治家にクライアントが多数。 民泊を推進する日本全国の自治体政治家や国会議員にネットワークを持つ、日本で唯一の行政書士。
ビートたけしのTVタックル、NHK「おはよう日本」、テレビ東京「ワールド・ビジネス・サテライト」、TBS「ニュース23」など多数のテレビ番組に取り上げられている。朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、産経新聞、東京新聞、週刊誌などでも掲載多数。

コメントは受け付けていません。