厚生労働省と観光庁の検討会で議論された民泊新法についての情報を掲載しています。新法によって新しい民泊許可の枠組みが制定される予定です。

【民泊新法】民泊解禁!ついに成立した民泊新法(住宅宿泊事業法)概要を特定行政書士が徹底解説

2017年通常国会で民泊新法がついに成立 2017年6月9日に「住宅宿泊事業法案」が成立しました。「住宅宿泊事業法」は、訪日外国人旅行者が急増する中、多様化する宿泊ニーズに対応して普及が進む民泊サービスについて、その健全 ‥‥

民泊新法法案の内容枠組みが判明ー民泊の規制改革実施計画が閣議決定

閣議決定により方針が決定 平成28年6月2日に、「規制改革実施計画」が閣議決定されました。この中では、民泊サービスにおける 規制改革として1.民泊の種類、2.民泊施設管理者、3.仲介事業者について方針が示されました。以下 ‥‥

営業「許可」と民泊「届出」の違いとは?特定行政書士が法律上の違いを解説します

「許可」と「届出」は全く別の手続 民泊について、「政令」が改正される予定だったり新しい「法律」が制定される見通しだったりと、色々な情報が飛び交っています。 旅館業法の運用が緩和されて、旅館業営業の1つである簡易宿所営業の ‥‥