民泊許可に関する法律の解説ページです。合法的に民泊を申請するために必要な情報はこちらをご覧ください。

通訳案内士の規制緩和とランドオペレーターの登録制新設が閣議決定

旅行業法と通訳案内士法の改正案 訪日外国人旅行者の受入環境の整備を図るため、通訳案内士資格に係る規制を見直す とともに、旅行の安全や取引の公正を確保するため、旅行に関する企画・手配を行うい わゆるランドオペレーターの登録 ‥‥

【旅館業法】罰金を100万円に引上げる法案が提出されました

旅館業法一部改正案が国会提出される 旅館業法の一部を改正する法律案が閣議決定され、2017年3月7日に国会へ提出されました。 今回提出された改正案の趣旨は、旅館業の健全な発達を図り、公衆衛生及び国民生活の向上に寄与するた ‥‥

【民泊新法】民泊解禁!2017年通常国会提出の民泊新法(住宅宿泊事業法)概要

2017年通常国会で民泊新法を提出 2017年3月10日に「住宅宿泊事業法案」が閣議決定されました。「住宅宿泊事業法」は、訪日外国人旅行者が急増する中、多様化する宿泊ニーズに対応して普及が進む民泊サービスについて、その健 ‥‥

民泊事業に最適な政策金融公庫の融資をご紹介ー行政書士が手続きを代理します

民泊事業で融資が受けられる 民泊事業を始める場合に、資金調達が必要なケースも多いです。弊所でも、民泊許可の取得と合わせて融資に関する相談が増えています。 民泊事業は新しいビジネス形態なので融資が受けられないと考えている事 ‥‥

【福岡市】条例改正による住居等との混在禁止等の適用除外

福岡市議会で民泊について一般質問 6月の福岡市議会で民進党の福岡市議会議員である田中しんすけ氏の一般質問をきっかけとして、福岡市が旅館業法施行条例の改正に着手しました。 議会質問(民泊)が日経新聞に掲載されました! 従前 ‥‥

【福岡市】改正条例による玄関帳場代替措置の内容

福岡市議会で民泊について一般質問 6月の福岡市議会で民進党の福岡市議会議員である田中しんすけ氏の一般質問をきっかけとして、福岡市が旅館業法施行条例の改正に着手しました。 議会質問(民泊)が日経新聞に掲載されました! 従前 ‥‥

【建築基準法】民泊許可(簡易宿所)に必要な既存建築物の用途変更手続き

用途変更とは 建築物の用途を、当初の用途から他の用途に変更することをいいます。例えば、共同住宅を旅館に変えることも, 旅館を共同住宅に変えることも,いずれも用途変更となります。その際に、既存建築物が建築基準法に抵触し違反 ‥‥

【区分所有法】特区民泊が可能なマンション管理規約の文言とは?特区民泊禁止の改正が続出

区分所有権とは 建物の所有関係および利用関係を一般的に規定している私法上の一般法は、民法です。マンションも「建物」であることに変わりがありませんから、その所有・利用関係について民法が適用されるのが原則です。 しかし、マン ‥‥

【消防法】民泊の自動火災報知設備では特定小規模施設特例の利用が可能なケースあり

自動火災報知設備とは? 自動火災報知設備とは、民泊の居室等に設けて火災を感知する「感知器」とその感知器からの信号を受信して警報を発する「受信機等」によって構成されています。受信機は警報を発し、火災が発生している区画を表示 ‥‥

【特区民泊】「壁芯」とは?旅館業と異なる客室床面積の測り方に注意!

特区民泊の床面積要件 国家戦略特別区域法施行令第12条3項イでは、特区民泊の一居室の床面積は25平方メートル以上であることと規定されています。 民泊を実施する際に旅館業許可を取得しようと検討した方も多いと思いますが、この ‥‥