【大阪市】特区民泊向けチェックイン代行サービス

LINEで送る
[`evernote` not found]

特区民泊では玄関帳場の設置不要

旅館業法の簡易宿所営業で民泊を実施する場合には、施設の入口付近に玄関帳場を設置する必要がありました。しかし、一般の住宅を民泊で利用する場合には、新たに玄関帳場を設置することは困難なケースが多く、この玄関帳場要件が民泊の大きなハードルになっています。

大阪市で10月31日から受付が開始される「特区民泊」では、この玄関帳場の設置が不要となっています。したがって、一般の住宅をそのまま特区民泊施設に転用することが可能です。

特区民泊の本人確認

施設の入口付近に玄関帳場は設置不要だとしても、ヤミ民泊で多くみられるような「セルフチェックイン」は採用できません。セルフチェックインとは、施設の入口付近にキーボックスを吊り下げておき、ゲストが自身でキーを取り出す方式です。キーボックス暗証番号をメール等で予め伝えておき、ゲストはその暗証番号を使ってキーボックスから部屋の鍵を取り出します。

特区民泊では、チェックイン(鍵の受け渡し)の際に本人確認を実施する必要があります。

滞在者が施設の使用を開始する時及び終了する時にあっては、対面又は滞在者が実際に施設に所在することが映像等により確実に確認できる方法により、滞在者名簿に記載されている者と実際に使用する者が同一人であることを確認し、記録すること

大阪市国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業に関する要綱より

確かに、インターネット端末を利用して動画による本人確認を実施することも可能です。特区民泊向けに、動画等を利用してチェックインを実施する機器も発表されています。

ただし、インターネット端末等を利用して対面以外で本人確認を実施する場合には、滞在者が実際に施設に所在することが映像等により確実に確認できる方法に限られます。ゲスト自身が持参したインターネット端末(スマホやタブレット)を利用する方法では、「滞在者が実際に施設に所在することが映像等により確実に確認できる方法」とは認められません。当該民泊施設に備え付けの端末を利用して映像等で本人確認を実施する必要があり、容易には移動できないような大掛かりな機材が必要となります。当然、機材を用意するコストもかかります。

特区民泊の本人確認は対面が最も望ましい

したがって、特区民泊における本人確認の方法としては「対面」が最も望ましいといえます。実際にゲストに会って本人確認を実施し、身分証明書(パスポート)の写しを取得する方法が確実です。また、機材も不要なのでコストもかかりません。

この点は、大阪市の特区民泊に関するガイドラインにも記載されています。

●滞在者の対面について

・居室の鍵の受け渡しは、直接本人確認ができる方法として、対面により行うことが最も望ましい方法です。

大阪市「国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業に関するガイドライン」より

対面の場合は施設内に限定されない

この点、先に挙げた大阪市の要綱によれば、チェックインの方法は以下の2通りに分類できます。

  1. 対面
  2. 滞在者が実際に施設に所在することが映像等により確実に確認できる方法

すなわち、映像等による方法の場合には「滞在者が実際に施設に所在することが確実に確認できる方法」と限定が付されています。一方で、対面による方法の場合にはそのような限定が付されていません。

つまり、対面による方法の場合には「滞在者が実際に施設に所在」することは不要であり、民泊施設の外でチェックインすることも可能なのです。

大阪市なんばでチェックイン代行サービスを提供

上記の事情を鑑み、弊所では特区民泊向けチェックイン代行サービスを紹介することとしました。

弊所が紹介する特区民泊チェックイン代行サービスは以下のとおりです。

大阪なんばチェックイン代行サービス概要
  • なんば駅前
    • 南海難波駅から徒歩3分
    • 近鉄・阪神大阪難波駅から徒歩3分
    • 御堂筋線なんば駅すぐ
  • 対応言語
    • 日本語、英語、中国語
  • 本人確認を実施
    • スタッフがゲストのパスポートを確認し、コピーを保管。滞在者名簿も作成。
  • 月額固定料金
    • 使い放題で月額10,000円/部屋

さらに、今なら「月額使い放題プラン」を申し込むことで最初の1ヶ月間は無料となるキャンペーンを実施しています。

ご利用を希望される方は弊所までお問い合わせください。

特定行政書士 戸川大冊
small早稲田大学政治経済学部卒/立教大学大学院法務研究科修了(法務博士)
民泊許可手続の第一人者。日本全国の民泊セミナーで登壇し累計850人以上が受講。TVタックルで民泊について解説。政治法務の専門家行政書士として日本全国の政治家にクライアントが多数。 民泊を推進する日本全国の自治体政治家や国会議員にネットワークを持つ、日本で唯一の行政書士。
ビートたけしのTVタックル、NHK「おはよう日本」、テレビ東京「ワールド・ビジネス・サテライト」、TBS「ニュース23」など多数のテレビ番組に取り上げられている。朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、産経新聞、東京新聞、週刊誌などでも掲載多数。

コメントは受け付けていません。